「トキ」が巡り、扉がヒラク

2016年6月21日「夏至」

一年に一度、巡ってくるこのトキ「夏至」

今年の夏至はスペシャルなポイントだった。

第1話 『宇宙の時間』 

 

この日から遡ること3年半。

2012年の「冬至」は、25800年ぶりに訪れた「銀河の冬至」だった。

太陽系全体が、陰極まる「闇のピーク」の時だった。

その冬至から前後3年半が次のステージへの移行期。

 

太陽系・銀河系スケールで星々は空間を運航し、時が刻まれていく。

星は確かに、時を刻み時代を動かしている

それに呼応して、地は地で、こちらの分を責任をもって刻む。

天と地の歯車が噛み合うとき、時代はダイナミックに変動を見せる。

 

 

 

ろうそくの青い火のように

静かだが、フツフツとしたエネルギーの塊が

今腹の奥で塊として疼いている

 

「トキ」は来たれり

移行の時期を終え

正に変化した姿を顕す

その時が  「今」来たんだ

 

広告

hirocchi について

木の花ファミリーです。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク