「恵みいただきます」と、僕達が目指す世界

1月31日の「富士浅間 木の花祭り」もどうぞ!

HIROッチ Diary in  木の花ファミリー

月に一回、僕達「木の花ファミリー」が、文字通り「総力戦」でお届けするレストラン
「恵みいただきます」

昨年の夏より、毎月コツコツと積重ね続けてきて15回。
ジワジワとファンが増え、リピーターが付き、大して広報もしていないのに
勝手に200名を軽く超える予約が集まるようになった。

今回は特に、当日5日前ぐらいで予約数が、定員の200名を越え
それでも無理を承知で、230名までなんとか受け付けたものの
3日前には、その後の予約のご連絡に、胸を痛めながらもお断るする以外なく
無念のうちに来れない方が続出するほどの大盛況となりました。

これまで、力を注いで、この「恵みいただきます」をさらにさらに育てていきたいと思い
色んな面で改良に改良を重ねてきた。

はじめ、ただお食事をお出しするだけで、机も椅子も色気なく
会場の演出など何もなく、衣装もバラバラだった。

それがいつしかお揃いのエプロンとバンダナが出来
テーブルにはテーブルクロスがしかれ、イスには椅子カバーが出来
会場の飾り付けも毎月趣向を凝らし、舌だけでなく、目でも楽しんで頂けるようになり
衣装も、その月のテーマに合わせて、色んなものを生地を買ってきては作ってきた。
それはもう、ただのオーガニックレストランをはるかに超えた
「真心からの、おもてなしの場」へと変容を遂げてきた。

たった一回のランチのために、毎月10人ほどのメニュー開発チームが
「ありえない」ような、あっと驚くほどの、そしてただ美味しいだけでなく
感動を覚えるような食事をと、頭をひねりにひねって考えだす。

それを、試作し、一回目の試食会を経て、さらにそこででたフィードバックを元に
メニューを練り直し、2回めの試作&試食会を行う。
そうして、食事が完成へと高められていく。

そうして、前日、前々日から多くのスタッフが仕込みに入り
当日は40人を超えるほどのスタッフと、それを支える人達が
正に「総力戦」でその日一日のために、膨大なエネルギーと
「気」を注ぎ、最大限のおもてなしをお届けさせていただく。

それが「恵みいただきます」

そして今回、めでたく、念願のチラシもついにリニューアルを迎えることが出来た。

恵みのなかの、「総合演出チーム」がチラシ制作を担当するんだけど
今回は、チーム員ではない「まっちゃん」が
蕎麦と聞いて、是非ともチラシの字を書いてみたいと思っていたらしく
それを聞いたチーム員の全会一致で、今回はまっちゃんに書いてもらうこととなった。

そして出来上がったのがこれ

今月のタイトルも、当初のものから変わり、その名も
「かみさまの 蕎麦」
となった。

これは、「神様の側」でもあり、神=新で、「新蕎麦」という意味でも在る。
それを表現しての「かみさまの蕎麦」である。

みるからに、魂がギュッと込められた、たいへんエネルギーに溢れた
「気」の満ちたチラシが出来上がった。

そして勿論、今月のメインを務める「蕎麦」

長野県大町にある、木の花ファミリーの遠隔ビレッジである「大町ビレッジ」
そこでとれた本格派信州蕎麦を、石臼挽きにて出来たそば粉を用い
自営業で蕎麦屋を以前営んでいた、本物の蕎麦職人「やじー」を中心に
アシスタントには「こまちゃん」がついて、前日に300食近い蕎麦を
朝から深夜までかかって打った。

ついには「やじー」は腕を腱鞘炎にまでなり、当分無理が効かないほどの
名誉の負傷!?までおまけについてきた。

そんな裏話も、毎月のように出るほどのドラマを描きつつ
一球入魂、一回一回のこの食事会に、全勢力がつぎ込まれる。

そして、当日までに数々のプロセスを経て、当日までの時間が紡がれていく。
ちなみに、当日までの一月がどのように流れていくか、下に毎月の工程表を貼り付けてみました。
ご興味在る方はどうぞ御覧ください。
恵み12月スケジュール

こんなふうにして、月に一度、ここで開催される自然食レスランは出来ている。
その結果、これまで沢山の方に、その時間・トコロを味わっていただいた結果
最近では、月に2回の開催を希望する声も少なくなくなってきた。
それほどまでに、このイベントが、多くの方に愛されているということだし
そうなるだけの自信を持ってこちらも提供させて頂いている。

まぁ、熱い語りは後にして、今月の写真をどうぞ御覧ください!!

蕎麦の茹で場。 薪くべ担当のみかちゃんと 蕎麦の茹で場。
薪くべ担当のみかちゃんと

デスプレイコーナーでは、今月はこじんまりと、小さなお地蔵さんが、もみじの影からこんにちは デスプレイコーナーでは、今月はこじんまりと、小さなお地蔵さんが、もみじの影からこんにちは

前日まで一月ちょっと、インド出張に行っていた「みちよん」も、みんなからちょっと遅れて準備に参戦中。 盛りつけ隊長、いつもありがとう♪ 前日まで一月ちょっと、インド出張に行っていた「みちよん」も、みんなからちょっと遅れて準備に参戦中。
盛りつけ隊長、いつもありがとう♪ 出陣を待つ御膳達 出陣を待つ御膳達

オイラは今回、マネージャーの一角として、配膳順の司令塔を担います オイラは今回、マネージャーの一角として、配膳順の司令塔を担います おかわりコーナーには、これも自家採れの舞茸たっぷりの炊き込みご飯というサービスっぷり! おかわりコーナーには、これも自家採れの舞茸たっぷりの炊き込みご飯というサービスっぷり! 準ファミリーメンバーの「しゅうくん」 毎回のように「恵みいただきます」にはヘルプとして来てくれます。 お客様だけでなく、こうして裏方としても支えてくれる人がいて成り立っているのが、この「恵みいただきます」なのです。 準ファミリーメンバーの「しゅうくん」
毎回のように「恵みいただきます」にはヘルプとして来てくれます。
お客様だけでなく、こうして裏方としても支えてくれる人がいて成り立っているのが、この「恵みいただきます」なのです。 そしてこちらが、つやつやコシコシ、ピッカピカの「かみさまの 蕎麦」です! そしてこちらが、つやつやコシコシ、ピッカピカの「かみさまの 蕎麦」です! いつもお客様に人気の「木の花5人娘」 装いも揃って、こちらもリニューアルです^^ いつもお客様に人気の「木の花5人娘」
装いも揃って、こちらもリニューアルです^^ 今回は雨の中、駐車場の安全と、円滑なお客様誘導を担ってくれた、駐車場誘導係りの3人。 左から ゆうくん くにちゃん じゅんじー 今回は雨の中、駐車場の安全と、円滑なお客様誘導を担ってくれた、駐車場誘導係りの3人。
左から
ゆうくん
くにちゃん
じゅんじー いつの間にか雨が上がって、見上げれば、キラッキラに輝く太陽が降り注ぐ「ひまわり駐車場」 いつの間にか雨が上がって、見上げれば、キラッキラに輝く太陽が降り注ぐ「ひまわり駐車場」 新たに「木の花ブランド」に加わる予定の、木の花特製の「味噌」と「醤油」 其の名も 「あまうつし」と 「かむひびき」 です 新たに「木の花ブランド」に加わる予定の、木の花特製の「味噌」と「醤油」
其の名も
「あまうつし」と
「かむひびき」
です

こんなふうにして、今月も大大大盛況の元に、「恵みいただきます」は幕を下ろした。

そしてこちらが今月、200名以上の方にご賞味いただいたお食事
今回のお膳。 「どこも文句のつけようもないほど、全部どれもおいしかったわーーー」と言って頂けました。 まぁ、自信たっぷりでこっちも出してるねんけどね(笑) 今回のお膳。
「どこも文句のつけようもないほど、全部どれもおいしかったわーーー」と言って頂けました。
まぁ、自信たっぷりでこっちも出してるねんけどね(笑)

これだけ膨大な時間と、人手とエネルギーをかけて作り上げられたお食事を
僕たちは現在(2014年12月現在)
お一人様 1000円。
そして、65才以上の方と、障害をお持ちの方には な・な・なんとーーーー!!
お一人様 500円にて提供させて頂いている。

これは、全くもって利益など度外視されていることは既にお分かりのことと思います。
当日までにかけられるエネルギー。
天然循環法で育てられた完全無農薬の、超こだわり食材達。
当日のスタッフの数。
食器や、衣装、飾り付けなどにかかってくる備品の数々・・・・・・・

それらを考慮すれば、到底こんな料金で提供出来るものではない。
でも僕たちはそれをやり続ける。

それは、お金のためだったら絶対に出来ないこと。
僕達には、金銭を超えた、本当に大切な価値を
このイベントに見出しているから、これをやっている。

それは、この会を通して、僕たちは、沢山の希望や光
そこにかもし出される調和や助け合いの精神。
そして、感動や歓びや他者のために働く美しい姿を表現出来ると考えている。

そんな、世にも珍しい世界をそこで表現し、世の多くの人たちに
食事というものを一つの切り口に、総合的にここで日々大切にしている
「精神」、「心」を感じて頂き、それが、世の中に広がっていくことを願って
こんな「ありえへん!!」イベントを毎月開催している。

20年前にはじまった「木の花ファミリー」
20年の時を積み重ねて、今、この段階まで来た。

そしてこの歩みは、ここのファミリーの人達だけの歩みではない。
ここの歩みは、大きいことを言うようだけど、
これからのこの世界全体にとって、とても大切であり
そもそも世の中のために、ここの存在自体がある。

だから、ここに流れる「波動」を、世に発信するべく
「恵みいただきます」という食事会を
僕達ファミリーは、とても大切にしている。

そして、このイベントを入り口に、アンテナに引っかかった人たち向けに
ここが大切にしている「精神、心、世界観」に触れてもらえる場として
ここではいろんなイベントを、通年にわたって多数開催している。

その一つが、例えば「木の花塾」であったり「真学校」であったりする。

プレゼンテーションや、語りを通じて、出会ってすぐに
ここの生活の中心になった「カタカムナ」とその精神であったり
「自分」という概念を超えたところから、この世界に向かった時に見えてくる
壮大な世界観であったり、人として当たり前に大切にしていきたい
尊く、美しい心とはなんだろうかとか、色んな事を学ぶ場を提供している。

入り口として、誰もが体感できる場としての食事会があったり
ワンデイセミナーでの学びや、2日~3日の宿泊型セミナーであったり
極めつけには、2・3月に開催される、一ヶ月間の完全滞在型の「木の花真学校」まで

View original post さらに47語

広告

hirocchi について

木の花ファミリーです。
ギャラリー | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク