ただいま株間除草中^^♪

スライドショーには JavaScript が必要です。

7月末。梅雨も明け、先日は夏らしくようやく台風もやってきました。夏本番!! そして今日は暦の上では一年の中で最も気温が高くなる時期ということで二十四節季の一つ「大暑」です。まさしく夏の夏のど真ん中ですね(笑)

そんな夏の真っただ中、ここ「木の花ファミリー」でも、畑・田んぼともに、大忙しの時期です。てなこともあり、普段は「営繕班」として働いている僕も、最近の日中は田んぼに出て、除草作業に精をだしております。

ファミリーの田んぼ風景の中でも、他ではまず見受けられないもので、風物詩とも言えるのが、この「株間除草」ではないでしょうか。ファミリーの農は、完全無農薬栽培につき、雑草処理に関しても一切の除草剤等を使いません。ひたすら人力で除草作業をします。そりゃぁもう人海作戦あるのみです(笑)人数ぶち込んでただひたすらに来る日も来る日も単純作業の繰り返しです(笑)

稲の株と株の間にはえている、主には「こなぎ」といわれる水田草を、ワシャワシャと手でつかみ取り・もぎ取りし、手が草でいっぱいになったら、それを丸めて土の中に埋め込んでいきます。体勢はご覧のとおり、腰前にいっぱい曲げこんでの作業が永遠と続きます。ときどきは体を起こして腰を伸ばし伸ばししないと、腰が痛くて続きません(苦笑)田んぼの除草作業の中でも、最も体力的につらいもののひとつですね。

給料を支払う必要がないからこそ、ここまで人的エネルギーを投入できるのですね^^つまりは、ふつう世間の農家さんではとても出来ないことだと思います^^ 世間ではまず見受けられないであろう、この不効率極まりない風景をどうぞ楽しんでやってください(爆笑)

しかし、これだけ手間暇かけるからこそ「木の花さんのところのお米を食べると、他のところのお米が食べられなくなりましたわぁ♪」という根強いファンがいてくださるのかもしれません。 僕が思うに、成分や旨み指数でみても、ここで採れたお米が世間で出回っているものと比較して、大きな差はおそらく見られないのではなかろうかと思います。でも、そこに詰まっているエネルギー・愛・波動は、格段に差があるのではなかろうか。そしてその違いを産んでいると思われるのが、種まきから稲刈りに至るまですべての工程においてかけられる「手間暇」であり、僕らの消費者に届いた時の笑顔を思い浮かべながら注ぎ込む愛情であったりなんだろうと思うのです。

正直、完全無農薬はやっぱりかなり大変なので、「ちょっとぐらいの除草剤なら使用してみて、手間をせめて今の半分にしてみてはどうか!?」とうような話が出たことも無くはないのですが、それではうちのお米の真の価値は半減してしまうのではないかと思うのです。これほどまでにかける不効率さが、実は他では体験できないほど美味しいお米の正体そのものなのかもしれない・・・・。  まぁ実際は分からないけどね^^

ま、難しいことはさておいても、この貴重な「株間除草風景」を見て笑って楽しんでくださいませ^^v

広告

hirocchi について

木の花ファミリーです。
カテゴリー: 木の花ファミリー パーマリンク