ハウス天窓工事

今日はビニルハウスの「天窓」取り付け工事日記です。

ハウスのサイドには「巻き上げ」といわれる、開閉機能がついてるのですが、そこからの換気だけでは夏場など非常に高温になるときには、ハウスの上部に熱気が溜まり、ハウス内での作物栽培に影響があります。

昨年は、記録的な酷暑だったために、トマトをはじめ夏野菜に病気が出たり、あまりにすさまじい熱気により花がつかなかったり、実がならなかったり、それからお米の育苗で病気が発生したりと大変な状況がありました。

それを受けて、今年はハウス上部にも換気機能をもたせようということで、天窓を取り付けることとなりました。作業は大阪時代から付き合いのある仲間で、今は畑隊で活躍中の「りょうちん」です。二人で5日ほど一緒に工事を進め、全部で7棟のハウスに天窓を取り付けることが出来ました。

出来上がってから、レバーをクルクル回すと、シャフトが回転し、それに伴って幾つも連なった天窓がゆっくりゆっくりと開いていく姿は、なんだか「おおぉぉ~~~~~!!^^」って感じで感動するし、開いたときに、それまではハウス内の風通りも微妙だったのが、サイドの巻上げから外気が吹き込み、上部に取り付けた天窓に熱い空気が抜けていき、風が吹く感じが気持ちいい瞬間でした^^

これでひとまず安心ですが、今年の作物の出来に、少しの不安もあるとともに、でも結構期待も持てて、どうなることやら今から楽しみです♪♪

久しぶりにりょうチンと工事です

取り付けた天窓枠に、開閉器を取り付けます。

高所作業は油断大敵、慎重に作業します(笑

天窓枠を中から取り付けたら、次はハウスの上に登って外側からスプリングでとめたり、ビニルをカットしたりカバーを取り付けたりします。

上に上がると、なんとも美しくキラキラと輝く富士山がハウスの向こうで佇んでいました。

これが夏だったら吹きすさぶ風も気持ちよいんだろうけど、あいにくその日は凄い寒気が上空に流れ込んできて、寒風吹きすさぶ日・・・・・・

凍ってしまいそうでした(苦笑

無事取り付けたたら、連なって開いた天窓が並んでいます。

下から見上げても、熱気が抜けていくようで嬉しくなります^^

連なった天窓は、ハンドルからシャフトを通して操作します。

さ、今年は長いこと美味しいトマトが食べれるのでしょうか^^

期待して夏を待ちましょう^^v

広告

hirocchi について

木の花ファミリーです。
カテゴリー: 木の花営繕・工事班 パーマリンク